真駒内どうぶつ病院札幌市の真駒内にある犬猫専門の動物病院です

札幌市南区真駒内上町5-4-2 TEL:011-582-8111

犬に多い歯周病

トップページ > 犬に多い歯周病

犬に多い歯周病、実に3歳以上の犬の約8割が歯周病にかかっていると言われています。
歯周病は、放置されてしまっていることが多い病気の代表です。元気な間は大きな問題を引き起こさずに過ぎすことができても、高齢期になり抵抗力が落ちてくると進行し苦痛を生じます。また重病に罹ってしまった際や、特殊な薬(抗腫瘍薬、免疫抑制剤など)を使用しなければならなくなった際に歯周病があると、口腔内細菌が身体に回りやすく、重大な合併症を引き起こす要因にもなります。したがって、歯周病の治療は、高齢期の健康維持や、闘病中に起こり得る合併症のリスク低減にもつながります。重病に罹ってしまってからでは様々な制限が生じますし、負担が重なってしまうため、進行してしまう前に、また元気なうちに、歯周病の治療を受けることをおすすめします。
下記の項目のうち1つでも当てはまる場合、歯周病を含む口腔および鼻腔の病気の可能性があります、
まずは診察を受けて原因を調べましょう。

歯垢と歯石(茶色の部分)がすべての歯に付着し、歯肉が腫れてきています。治療が必要です。

イメージ

歯の裏までびっしりと歯垢と歯石が付着しています。

イメージ

  • 歯が茶色に変色してきた
  • 歯肉が赤くなってきた、歯肉が腫れてきた
  • 口臭が強くなった
  • よだれが多くなり、口の周囲の汚れが目立つようになった
  • 歯が抜けてきた
  • くしゃみ・鼻汁・鼻血が出るようになった
  • 頬や眼の下が腫れてきた

▋ 歯周病の進行

  1. 1.歯磨きなどのホームケアを怠ると、歯の表面に歯垢や歯石が付着してきます。やがて歯周ポケット(歯と歯肉の隙間)にも歯垢や歯石が付着し、ポケット内に細菌が増殖して歯肉炎が起きます。歯肉炎の段階ではまだ細菌感染や炎症は限局的で軽症です。
  2. 2.さらに進行すると、歯根周囲の骨にも細菌感染や炎症が及び、歯肉が退縮し骨が溶けてくる歯周炎に進行します。歯周炎までくると、歯と歯肉だけの問題ではなくなります。
  3. 3.犬の歯根はかなり深いため、放置していると歯周病が重症化します。ついには歯根深部まで細菌感染と炎症が及び、根尖周囲病巣を形成します(歯根尖端周囲の骨を溶かしてしまいます)。
    歯根が深い部位の根尖周囲病巣が悪化すると、下記のような様々な問題を引き起こします。
  • 歯瘻:上顎の歯根周囲の細菌感染で、骨が溶けて頬や眼の下に穴が開きます。
  • 口鼻瘻:上顎の歯根周囲の細菌感染で骨が溶けて鼻腔に達し、くしゃみ、鼻汁、鼻血が生じます。
  • 下顎骨骨折:下顎の歯根周囲の細菌感染で、下顎の骨が溶けて病的骨折を起こします。
  • 重要臓器への影響:慢性的な細菌感染と炎症が、心臓・腎臓などに悪影響を及ぼします。

イメージイメージイメージイメージイメージイメージイメージイメージ

▋ 人と暮らす上での大きな問題

歯周病の犬の口腔内は極めて不衛生であり、著しい数の細菌が存在します。
歯周病の原因菌が人体に悪影響を及ぼすことがあるため、幼児、高齢者、闘病中の方など、免疫力の弱い方が一緒に生活する場合は特に注意が必要です。
犬の口腔内を綺麗に保つことは、犬のためだけでなく、人と暮らす上でもとても重要です。
イメージ