真駒内どうぶつ病院札幌市の真駒内にある犬猫専門の動物病院です

札幌市南区真駒内上町5-4-2 TEL:011-582-8111

犬に多い腫瘍

トップページ > 犬に多い腫瘍

▋ リンパ腫

リンパ腫とは、「リンパ球のがん」であり、白血病などと類似した「血液のがん」に分類される病気です。悪性リンパ腫あるいはリンパ肉腫とも言われます。全身のリンパ系に浸潤し、多臓器不全や腫瘍随伴症候群により死亡する進行性致死性の病気です。限局した病変(しこり)を形成することもありますが(どこにでも発生しうる)、特殊な場合を除き、発生した時点で「全身性のがん」としてとらえる形になります。
リンパ腫と診断される病変はすべて「がん」であることは確かですが、その「悪性度」には違いがあります。新しいWHO分類では、より細かい分類が試みられていますが、臨床の現場では治療方針の決定に直結する大分類をまずは判定する必要があります。がん細胞が未熟で増殖が速いタイプを「高悪性度・低分化型(High Grade)」、がん細胞が成熟しており増殖が遅いタイプを「低悪性度・高分化型(Low Grade)」として扱い、大きく2つに分けて考えます(その2つの中間のタイプもありますがその場合はどちらよりかを考えます)。非常に重要なことは、悪性度の違いにより、予後(病気の見通し)も治療法も異なることです。

▶ 高悪性度・低分化型(High Grade)
発生が多く、古くから知られているタイプのリンパ腫です。診断は細胞診で行うことが可能です(細分類には病理検査も必要)。極めて進行が早く、無治療では発生から2カ月程度で致死的な病態に進行します。治療には抗がん剤の多剤併用化学療法が適応になります。重大な全身性のがんですが、化学療法により比較的高い確率で寛解が得られます。寛解とは外見上も検査上も健康と変わらない状態にまで治療効果が得られた状態をさし、寛解が得られれば質の良い延命が期待できます。治療反応はよいものの、寛解という状態は完治とは異なり、常に再発の可能性があります。最初は治療反応がよくても次第に抵抗性となり得るため、初期治療の寛解期間をいかに延長できるかが課題です。
高悪性度・低分化型リンパ腫(High Grade)の細胞診所見
写真
中型から大型のリンパ系腫瘍細胞が多数みられる
写真
中型から大型のリンパ系腫瘍細胞が多数みられ、 一部の細胞は顆粒を持っている(LGLリンパ腫)
▶ 低悪性度・高分化型(Low Grade)
発生が少なく、近年になって病態が明らかになってきたタイプのリンパ腫です。診断は細胞診と病理検査で行います。進行が遅いので、初期段階で発見した場合は、無治療で定期検査を実施し、治療開始の必要性を判断していきます。治療を開始する場合も、まずは内服薬のみで行う弱い治療を選択します。寛解が得られることはありません、症状を緩和することが目的の治療となります。治療と休薬を繰り返しがら、ながく管理できる可能性が高いのが特徴です。
低悪性度・高分化型リンパ腫(Low Grade)歯垢と歯石(茶色の部分)がすべての歯に付着し、 歯肉が腫れてきています。治療が必要です。
写真
小型から中型のリンパ系腫瘍細胞が均一にみられる中型から大型のリンパ系腫瘍細胞が多数みられる
写真
低悪性度・高分化型リンパ腫は病理検査で確定診断
▶ 発生型
リンパ腫で最も多い発生型である「多中心型リンパ腫」では、体表リンパ節からはじまり、体腔内リンパ節、脾臓肝臓に浸潤し、最終的に骨髄まで浸潤します。2番目に多い消化器型リンパ腫では、腸や胃、腹腔内リンパ節からはじまり、全身にひろがります。その他、胸腔内から発生するもの、脾臓から発生するもの、皮膚から発生するもの、など様々な発生型がみられます。いずれも基本的には化学療法が治療の中心となりますが、臓器病変がある場合、部位や病態によっては緊急救命目的での手術を実施することもあります(穿孔病変、閉塞病変、出血病変などが存在する場合)。

イメージイメージ

多中心型リンパ腫 皮膚型リンパ腫
写真
多中心型リンパ腫でよくみられる頚部の腫瘍
写真
皮膚型リンパ腫は慢性皮膚病と類似する
消化器型リンパ腫
写真
消化器型リンパ腫で生じた腸の穿孔
写真
消化器型リンパ腫で生じた腸閉塞
▶ 免疫表現型
リンパ腫の細胞の免疫表現型は、主にB細胞性とT細胞性に分かれます。細胞形態や組織像からある程度予測がつくこともありますが、正確に知るためには、リンパ系細胞のクローン性解析や病理検査とあわせて行う免疫染色検査を実施して判定します。
高悪性度・低分化型(High Grade)のリンパ腫においては、B細胞性のほうが治療への反応が良く、T細胞性は予後が悪いということが分かっています。一方で低悪性度・高分化型(Low Grade)のリンパ腫ではその逆で、T細胞性のほうがより進行が緩徐で生存期間がながいということが分かっています。
免疫表現型の判定は必須ではありませんが、情報が多いほうが予後判定や治療方針の決定には有利です。また、診断に迷うリンパ腫も存在するため、診断ツールの1つとして使用することもあります(原則的には診断自体は細胞診と病理検査で行います)。

▋ 肥満細胞腫

肥満細胞腫は犬に発生する「がん」の1種で、皮膚や皮下に発生することが多く、体表に触る腫瘤(しこり)として発見されることが多いがんです。肥満細胞という免疫系の細胞が「がん」になった病気です(身体の肥満とは関係ありません)。肥満細胞はヒスタミンなどの細胞内物質を豊富に含み、それらが病変周囲および全身に悪影響を及ぼす腫瘍随伴症候群がみられます。肥満細胞腫の腫瘍随伴症候群では、病変周囲の炎症・疼痛・浮腫・止血異常、全身症状としては胃潰瘍による消化管出血や低血圧ショックなどを引き起こすこともあります。
肥満細胞腫の治療は、手術による切除が第1選択です。早期の手術で完治するタイプが多いため、手術の制限要因がなければ手術を実施します。悪性度にはバリエーションがあり、皮膚に発生する肥満細胞腫の場合、3段階に分類され(グレード1〜3)、グレード1は手術のみで完治しますが、グレード3は転移を免れません、グレード2は予測が難しく、1よりか3よりかで性質が異なります。病変の視診触診所見、進行速度、細胞診所見などで悪性度をある程度予測をすることは可能ですが、グレード評価は病理検査によってのみ判定可能なため、手術後切除病変を解析して判定します。また、手術は病変周囲の正常組織を含めて広く切除し、完全切除を目指します。完全切除が達成できたかどうかの評価も術後の病理検査で判定します。不完全切除であった場合でリンパ節転移などがなければ、通常は再手術が可能かを検討します。再手術が不可能でリンパ節転移などがない場合は放射線療法が適応となります(放射線療法は大学で実施)。悪性度とリンパ節転移の有無により、術後に抗がん剤や分子標的療法薬などの内科療法が必要となる場合もあります。また、はじめから完治が目指せないタイプでは、緩和ケアとして内科療法を選択する場合もあります。

肥満細胞腫の細胞診所見
写真
細胞質顆粒が豊富な典型例
写真
細胞質顆粒が乏しい未分化型(高悪性度を考慮)
肥満細胞腫
写真
よくみられる皮膚の肥満細胞腫
写真
肢に発生した肥満細胞腫
写真
随伴症候群を伴った高悪性度の肥満細胞腫

▋ 乳腺腫瘍

乳腺腫瘍は、早期避妊手術を受けていない雌犬に多く発生する腫瘍です。乳腺部に触る腫瘤(しこり)として発見される腫瘍です。犬の乳腺は腋窩から下腹部まで分布するため、広い範囲に単発あるいは多発性に発生します。犬の乳腺腫瘍は統計学的には、良性のものが50%、悪性ではあるものの転移率が低いものが25%、悪性でかつ転移率が高いものが25%というデータがあります。乳腺腫瘍の治療は手術で、他の治療は効果的なものがほとんどありませんが、そのかわり手術による完治を期待できるタイプが多いため、手術の実施がすすめられます。乳腺腫瘍の良性悪性の判定は、病理検査によってのみ判定可能なため、初期病変の場合、術前に予測することは困難ですが、50%程度が悪性であること、悪性であっても早期治療で完治の可能性が高いこと、良性の場合も長期に放置することで悪性転化がみられること、などの理由から、手術の制限要因がなければ切除し、摘出病変で病理検査を実施するのが合理的であると考えられます。ただし、炎症性乳癌といった予後不良タイプのがんが疑われる場合や、すでに肺転移などがある進行がんでは、手術不適応となることもあります。乳腺腫瘍の切除の際に避妊手術を併用するか否かについては、腫瘍の病態、年齢、併発疾患など様々な要素を加味して判断します。

乳腺腫瘍
写真
乳腺領域全体に多発した乳腺腫瘍
写真
単発の大きな乳腺腫瘍
写真
自壊した大きな乳腺腫瘍

▋ 肛門周囲腺由来の腫瘍

肛門周囲腺由来の腫瘍は去勢手術を受けていない雄犬に多く発生する腫瘍です。多くが肛門およびその周囲に腫瘤(しこり)を形成して発見されますが、尾や腹部の皮膚に病変がみられる場合もあります。肛門部には本腫瘍とは全く由来が異なる肛門嚢腺癌も発生しやすいため鑑別が必要です。肛門周囲腺由来の腫瘍は、表面が自壊しやすく、感染、悪臭、痛みが問題となることも多い腫瘍です。本腫瘍は良性比率が高いものの、良性悪性の判定を細胞診で行うことは容易ではないため、その判定は病理検査によって行います。未去勢雄に発生した典型例であれば、去勢手術を行うことで退縮する可能性があるため、通常は腫瘍の形態と細胞診所見から肛門周囲腺由来の腫瘍が疑われたら、まず去勢手術と病変部の生検病理を同時に行います、病変が自壊している場合は自壊部を含め切除生検しますが、いずれも肛門機能に影響を及ぼさない小さい範囲での切除を行います。病理結果が良性(肛門周囲腺腫)あるいは低悪性度(肛門周囲腺上皮腫)であれば、同時に行った去勢手術による効果で残存病変は退縮が期待できます。悪性(肛門周囲腺癌)であった場合、切除範囲を大きくする必要が出てきます。

肛門周囲腺由来の腫瘍
写真
肛門部の病変
写真
尾部の病変
写真
細胞診所見

▋ 精巣腫瘍

精巣腫瘍は去勢手術を受けていない雄犬に多く発生する腫瘍です。左右の精巣が陰嚢内にある場合は、大きさの左右差が生じ発見されます。去勢手術を受けていないにもかかわらず精巣の片側あるいは両側ともに陰嚢内に存在しない場合、潜在精巣(停留精巣)として鼠径部あるいは腹腔内に存在するものと考えられ、停留精巣の場合、陰嚢内の精巣に比較して腫瘍化する確率がより高くなります。精巣腫瘍が転移することは稀ですが、腫瘍の種類により骨髄不全(ホルモンの影響による)を引き起こすものもあるため、手術による摘出がすすめられます。精巣腫瘍の種類は摘出精巣の病理検査により判定します。精巣腫瘍のほとんどが手術により完治します。

精巣腫瘍
写真
精巣の片側腫大と反対側萎縮
写真
精巣腫瘍が原因の雌性化
潜在精巣の腫瘍
写真
超音波検査で腫瘍化した腹腔内潜在精巣を検出
写真
摘出した腹腔内潜在精巣の腫瘍