真駒内どうぶつ病院

札幌市南区真駒内上町5-4-2

院長・実績

トップページ > 院長・実績

真駒内どうぶつ病院院長 山下時明

写真

1997年 3月 酪農学園大学獣医学科卒業
同年 3月 獣医師国家資格取得
同年 4月〜2000年末 札幌市内動物病院勤務
2001年 4月 真駒内どうぶつ病院 開院

2003年〜2014年度 日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)幹事
2006年〜2012年度 北海道小動物獣医師会理事 学術部長
2006年〜現在   日本獣医がん学会認定医(U種)
2009年〜2016年度 日本獣医がん学会学術部 内科部会委員

  • 動物に優しくかつ科学的根拠に基づいた診療を常に意識しております。

  • 言葉を話さない動物の診療にはとても大事な総合診療を重視し、幅広く柔軟に対応しております。

  • 総合診療に加え、腫瘍性疾患(がん)および血液疾患の専門診療にも力をいれています。

  • 高齢動物の医療では特に、ご家族の希望も意識して柔軟に対応することを心掛けています。

  • 当院のみで対応できない場合は、二次診療施設をご紹介するなど連携診療で対応しております。

  • 予約制による丁寧な診療と十分なインフォームドコンセントを心掛けています。

  • 学会への参加・発表を通じて情報を取り入れ、日々の診療に反映できるよう努めています。

▋ 講演

  • 「症例ファイル 〜血液編〜」
    千歳市獣医師会講習会にて講演

  • 「症例から学ぶCBC〜質の良い結果を効率的に得る手段〜」
    アイデックスラボラトリーズ主催学術セミナー(in札幌)にて講演

  • 「血液検査を効率よく読もう〜CBC、血液化学検査、血液凝固系検査〜」
    フレッシャ-ズセミナー(札幌夜間動物病院主催)にて講演

  • 「顕微鏡セッション:細胞を診てみよう 〜血液塗抹検査、細胞診〜」
    フレッシャ-ズセミナー(札幌夜間動物病院主催)にて講演

  • 「リンパ腫の診断と治療 -せめて罪のない診断・治療を目指したいー」
    北海道獣医師協議会にて講演

  • 「獣医学概論 -伴侶動物医療獣医師の職務-」
    酪農学園大学獣医学部にて講演

▋ 獣医専門誌および獣医療関連誌執筆

  • CAP(緑書房) NEW
    貧血症例に対する確実な診断・対処法 〜貧血症例における診断へのアプローチ〜

  • 動物看護の教科書-増補改訂版-第5巻(緑書房)
    第4章-9 「細胞診」

  • 伴侶動物治療指針Vol.4(緑書房)
    免疫疾患の章 「免疫介在性血液疾患における人免疫グロブリン療法」

  • CAP(緑書房)
    免疫抑制剤の理論と実践 〜免疫介在性血液疾患の概要と免疫抑制剤の使い方〜

  • CAP(緑書房)
    血液塗抹・貯留液・リンパ節の検査術 〜貯留液の検査と解釈〜

  • 動物病院ナースのための臨床テクニック(2)
    〜動物病院検査技術ガイド〜(緑書房) 第14章「細胞診標本の作り方」

  • 勤務獣医師のための臨床テクニック(3)
    〜クオリティの高い動物医療を目指す応用手技32〜 第4章「高齢のがん患者のケア」

  • CAP(緑書房)
    化学療法の基本を修得する 〜抗がん剤の基礎知識と扱い方・注意事項〜

  • CAP(緑書房)
    病態からみるFeLV(猫白血病ウイルス)・FIV(猫免疫不全ウイルス)
    ・FCoV(猫伝染性腹膜炎ウイルスを含む猫コロナウイルス)感染症  〜 FeLV・FIV・FCoV感染症のインフォームドコンセント 〜

  • 動物病院ナースのための臨床テクニック
    〜必ず身につけるべき基本手技22〜(緑書房)  抗がん剤の章「抗がん剤と動物の家族への説明」

  • 勤務獣医師のための臨床テクニック(2)
    〜ステップアップのための基本手技30〜(緑書房) 抗がん剤の章「抗がん剤の使用法と注意」

  • JVM(文永堂出版)
    「伴侶動物のご家族と獣医師が共に考えるこの病気この治療2」

  • JVM(文永堂出版)
    「伴侶動物のご家族と獣医師が共に考えるこの病気この治療1」

     

▋ 学会発表(抜粋)

  • 犬の原発性免疫介在性血小板減少症(pIMTP)に関する回顧的調査【北海道獣医師会会長賞受賞】 NEW

  • ミコフェノール酸モフェチルが有効であった非再生性免疫介在性貧血(NRIMA)の犬の1例【北海道獣医師会雑誌優秀論文賞受賞】

  • Low Grade Lymphoma(低悪性度リンパ腫)の犬5例の臨床的特徴についての検討【北海道獣医師会会長賞受賞】

  • 抗核抗体陰性全身性エリテマトーデスの犬の1例

  • 消化管出血の犬5例から学ぶ 〜証拠をつかみにくい注意すべき貧血〜

  • 小細胞肺癌の犬の1例

  • 治療選択が異なったアジソン病の犬3例の臨床経過

  • 肩甲骨全切除術による患肢温存を選択した肩甲骨原発骨肉腫の犬の1例(※大学との連携治療例)

  • 非典型的な形態を示したリンパ腫(T-cell Intermediate Grade)の犬の1例

  • 猫の多発性骨髄腫の1例

  • 肥満細胞腫の転移病変にイマチニブによる分子標的療法を実施した犬の1例

  • リンパ腫の細胞学的形態およびクローナリティー解析から考える治療選択

  • 皮膚形質細胞腫が全身転移した猫の1例(※後の研究でリンパ形質細胞性リンパ腫に分類)

  • 犬の免疫介在性溶血性貧血(IMHA)−繰り返す再発と副作用に苦慮した例−

  • 人免疫グロブリン療法を併用した免疫介在性溶血性貧血(IMHA)の犬の2例

  • 人免疫グロブリン療法を併用したエバンス症候群の犬の1例

  • 病理医とのディスカッションの重要性

  • 猫の下垂体性副腎皮質機能亢進症にトリロスタンを使用した1例